店長の日記

2023-09-04 08:32:00

とりあえず乗る

練習行きたくない朝は数あれど
乗らなきゃ良かったと思う日はほぼ無い。

IMG_0849.jpeg

IMG_0851.jpeg

2023-09-03 20:34:00

ついに

IMG_0827.jpeg

涼しい!
涼しいぞ!

2023-08-31 09:35:00

一段落

95F148A4-842C-4134-BD43-F0FB7DB913D0.jpeg

乗鞍ヒルクライムが終わり
レース続きの2023年が一段落。

早朝のエクササイズ・マシーンと化していたロードバイクで視野を広げてみると
稲がいつの間にか実っている。

イイネ!

2023-08-27 20:50:00

乗鞍ヒルクライム チャンピオンクラス出場しました

乗鞍ヒルクライム チャンピオンクラスに出場してきました。

結果は12位でした。

 

今回も全て運転していただいてノーストレス遠征でしたので、せめて車内で

遠征日記を書き残そうと思います。

 

レース前日(移動日)

 

5時に待ち合わせ。

 

朝ごはんはユンケル(栄養ドリンク)、サンドイッチ、いかみりん煎餅。

 

20kmもあるヒルクライムに出場という現実から目を逸らしているのか、500km以上ある高速道路でほぼ自転車の話をしないまま高速道路区間を過ごす(笑)

 

昼ごはんは岐阜県のSA。ご当地の高山ラーメンではなく味噌ラーメンを注文。

 

IMG_0717.jpeg

 

コッテリしてそうでしょ?意外にアッサリ美味しかったです。

 

高速道路を降りたら、ショッピングセンターへ。

店内のとんかつ屋さんの求人ポスターに「時間を有効かつ用」とある事にジワりながら明日の朝ごはんのパン等を買い出し。

 

そこからは主に下道で会場を目指す(全部運転して頂いてますが笑)。 

どこまでも山間部の下道。

 

IMG_0033.jpeg

 

トンネルを抜けたら大雨が急に降ったりと、山の天気は変わりやすいを車に乗りながら体験できました。

 

会場に到着したらすごい参加人数にびっくり!これはもうお祭りだ!

あんまり人混み好きじゃないので、前日受付を済ませると速攻宿へ行きます(笑)

 

IMG_0722.jpeg

 

宿の晩ご飯。すき焼きにはお餅が入っていて、味がよくしみていて最高!!

 

C9EAB532-A680-431B-BF5B-A59DCB7E0E98.jpeg

 

食後のローラー。

風呂。

就寝就寝就寝いや枕めっちゃ高い!!笑

ここぞという遠征には必ず持って行く、マイ枕を忘れた完全な自己責任です。

マイ枕大学時代から約20年使っているめっちゃ薄くなっている枕。二つ折にすることで絶妙なヘッド高を実現。

 

そしてエアコンレスのストイックな和室(コスパは抜群)はベッドとエアコン生活にすっかり慣れた私に対して、古来からのイグサの香りとともに忘れかけていた日本の何かを語りかけ、開け放たれた窓からは滝のような雷雨の音がまるで滝業を行う修行僧のような気持ちにさせてくれる

そう私は今、禅の境地に達した

 

いや、枕高いわ!笑

 

レース当日

 

3:10起床。

ギュとしなる畳で同室の選手(コキーチ)を起こさないようネコのような足取りで共用スペースの湯沸かしポットまでインスタントコーヒーに湯をそそぎに行き、1日が始まる。

 

朝ごはんはユンケル(栄養ドリンク)、あんぱん、バナナ。

いつも通りのコンディションである。

決して認めてはいけない。どういう訳か首が凝り、ひどい片頭痛になっていることは(笑)

 

夜明け前に会場入り。会場ではすでに軽く渋滞が起きている。

 

アップはローラー30分。

ほとんど軽く脚を回し、数秒の軽いギアダッシュを数回。

吸血昆虫ブユに右ヒザをかまれる。かゆい。

 

集合地点へ移動したら、配布されたアミノバイタルを頂き、スタート地点へ整列。

吸血昆虫ブユに左ヒザ裏を噛まれる。かゆい。

 

集合したら、昨年までの上位選手やレジェンドライダーの解説とともに最前列に紹介された選手が並ぶ。

吸血昆虫ブユに右フトモモを噛まれる。かゆい。

 

6:25、チームメートのコキーチとグータッチしたら定刻通りスタート!

初出場、試走もナシなので集団で様子見。序盤はゆっくりとレースが進む。コキーチがオープニングアタックで逃げるが、タイミングが早すぎてカメラに映らなかったらしい(笑)

 

コーナーがきついところがあり、ヒルクライムなのに後ろにいると微妙な集団の伸び縮みがあり、細かなインターバルがかかる。少し後方になるとふらつきが原因と思われる落車もあった。

上位を目指したり、集団のメリットを最大限に利用したいなら前方20-30名に留まる事が必要そうだ。

 

前半の傾斜は割とゆるめでインナー、アウターで迷うところがあるがアウターに入れても踏める時間はそんなに長くなく、脚への負荷が大きく変わるフロントギアの頻繁なチェンジは、乗鞍のような長いヒルクライムでは後半にダメージの蓄積となって現れるかもしれない。

 

中盤あたりにさしかかると、ツールドゆうで凄い走りを見せてくれたk選手が「ここからですよ」と教えてくれる。

ほどなくつづら折れが始まり、まわりの息づかいがどんどん荒くなっていく。

少し落ちつきを見せた頃には前方20名ほどに居た自分の位置がほぼ最後尾になっており直感でヤバイと悟る。

前方10名ちょっとの集団がカタマリで登っていくのに対して、その後ろは明らかに車間がまばらだ。残念ながらソロで追いつく余力は今日の自分にはない。

4名ほどの集団になり、それぞれ得意な傾斜で長めに引きながら耐える。ペースが落ち横に広がった第一集団に1度だけ車間が詰まって行くが、再びペースを持ち直した集団に追いつく事はなかった。

某自転車ウェブサイトのヒルクライム上位者バイク特集で印象的だった2台が同じ集団におり、職業柄ジロジロ見てしまう(笑)

森林限界まで登り、美しい景色が広がる。よく聞いていた酸素の薄さによる苦しさは全く分からなかった。ありがとうマイ肺。

 

4人の集団からはレジェンドM選手が抜け出し、その後ろにスペシャライズドに乗った選手。の後方に私を含めた2人。私にとってのゴール争いはこの後方2人になりそうだ。

1キロを切ったタイミングでその選手が猛烈なアタック!こちらもガーミンにアゴが着くような姿勢で追走。は、速い白旗を早々にあげ、ペース走に切り替える。すると残り数百メートルで電池が切れたかのように踏みやめる選手の姿が。猛獣の横をそろりと通り抜けるような気持ちで抜かせて頂き、ゴール。12位。

 

山頂では懐かしい再会もあり、素晴らしい乗鞍の景色もあって微妙な順位の割には酷い気持ちではない。

 

来年もいくぞ乗鞍!!

 

IMG_0735.jpeg

 

素晴らしい乗鞍の眺め

 

IMG_0736.jpeg

 

帰りに食べました、高山ラーメン。

食べないとあのアニメ映画を観る度に後悔しそう…笑

 

IMG_0737.jpeg

醤油、魚介スープに細ちぢれ麺が絡んでメチャ美味しい。

 

IMG_0744.jpeg

 

帰るまでが遠足。

M岡さん、いつも本当にサポートありがとうございます。

 

 

2023-07-28 11:00:00

乗鞍練

乗鞍ヒルクライムって20kmあるらしいんですよ。
ヒルクライムだから当然休むヒマはないので、レースに向けた練習としては休憩はナシになっちゃいますよね…
写真を撮るヒマもナシ。

田舎道を一生懸命漕いでいると、
毎日田んぼのあぜ道を仲良く草刈りをしている老夫婦がおられます。
同じあぜ道を毎日毎日、仲睦まじく…

早朝も…
小雨でも…
日中焼けるような日差しの中でも…

いや、さすがに同じトコ刈りすぎじゃない?

IMG_0324.jpeg

かかしかよ…
流石に止まって写真撮っちゃいました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...