2018-01-25 18:48:00

お客様のCANYONのコンポーネントを「5700シリーズ 105」から「R8000シリーズ アルテグラ」にアップグレードさせていただきました。

DSC_0844.JPG
STIレバー。
旧型と比較すると、ブラケットのフード部に滑り止めの模様が施されたり、シフトアップのレバーが大きくなって下ハンドルでモガいた時もシフトアップし易くなっていたり…
地味ですが使ってみると進化をしっかり感じますよ。



DSC_0846.JPG
デザインからも剛性が高そうなブレーキ。
ブースターと呼ばれる部品が追加されたことによりたわみを防ぎ、しっかりした制動力で安心して下り坂を走行できます。

DSC_0849.JPG
こちらも剛性感溢れるデザインのR8000クランク。
もちろん剛性はアップしているのですが、最近のエアロ形状を追求したカーボンフレームと見た目の相性も良さそうです。


DSC_0851.JPG
フロントディレーラー。
旧型よりワイヤの飛び出しや本体の突起が抑えられたデザインとなり、電動コンポーネントのようなスッキリとした見た目です。


DSC_0850.JPG
リヤディレーラー。
SSケージで30Tまで対応できますので、スマートな見た目を保ちながらヒルクライムに有利なギヤを装備したいライダーには嬉しいですね。
こちらもフロントディレーラーと同様、ケーブルや本体の飛び出しが抑えられたデザインでカッコイイです。

DSC_0845.JPG
交換後は、このような雰囲気となりました。
今回のアップグレードは、写真の部品のほかにスプロケット、BB、チェーンもアルテグラグレードに交換させていただきまして108,848円税込+バーテープ代となりました。

当店にてコンポーネントをお買い上げの際は工賃はサービスさせていただきます。
春のサイクリングシーズンに向けて、是非ご検討くださいませ。